自動車保険で「車両保険」に入るべきか、どうか?

任意保険の自動車保険には様々な保険内容が付与されています。たとえば、事故で人を死傷させてしまった場合の「対人賠償保険」、物損事故を起こしてしまった場合の「対物賠償保険」など。これらは基本的には任意保険に入る場合に必ず入る補償内容ですが、当然のことなながら、いくら補償内容にするかによって、保険金額が変わってきます。たとえば対物賠償保険を無制限にした場合と、3000万にした場合では、年間で数万円~数千円の保険料の差が出て来ます。ですので、補償内容についてはしっかり検討したうえで加入しないと、意外なほど高い保険料になってしまう場合があります。

その1番よい例が「車両保険」です。

「対物賠償保険」は人の物品を他損してしまった場合の保険ですから、たとえばどこかの家の塀に車をぶつけてしまった場合は、塀を直すための保険は出ますが、自分の車の修理の費用は出ません。その場合の補償をするのが「車両保険」になります。

車両保険は、自分の車をいくらの価値があるかということを申請してかける保険ですので、それが高ければ高い保険料になるますし、安ければ安くなります。

ですので、人によっては、自分の車の修理はしないと決めて、車両保険に入らない人もいます。この場合は、かなり保険料が安くなります。

しかし、私は、やはり車両保険は少しの金額でも入っておいた方がいいのではないかと思います。どんなに運転のうまい人でも、結構どこかにこすったりしますし、そうなった時に直さないで運転し続けるのは、何となく居心地の悪いものです。そんな時に車両保険に入っていれば、補償で車を直せます。100万円の車両保険に入っていても、保険料のアップは1万円程度ですから、おそらく車を直す費用よりもそのほうが安いはずです。もちろん10万円程度の安い中古車を購入した場合は、車両保険は不要ですが、新車の場合、購入してから数年の場合は、車両保険に入っておいたほうがよいと思われます。